大阪メトロ西梅田駅からJR大阪駅までの行き方

大阪駅周辺

大阪メトロ西梅田駅は複数の地下通路と繋がっていて、この地下通路からJR大阪駅まで行くことができます。
ここでは、一番近いJR大阪駅の「桜橋口改札」までの乗り換えのルートをわかりやすくご紹介しています。

Osaka Metro西梅田駅(四つ橋線)からJR大阪駅までの行き方をご紹介

1つのルートをご紹介しています。
・西梅田駅「北改札」からJR大阪駅「桜橋口改札」

・JR大阪駅の改札は5か所ありますが、西梅田駅との距離が最短の「桜橋口改札」を利用する乗り換えルートです。

位置関係(地図)

JR大阪駅とOsakaMetro西梅田駅の位置関係は下記の地図をご覧ください。
・JR大阪駅周辺の、地上のビルや道路と、地下の地下通路を合わせた地図となっています。

JR大阪駅から1つのルートを赤い線で表示しています。
・赤い線の途中にある赤い丸は地上へ上がるポイントです。
(西梅田駅は地下1階で、JR大阪駅は地上1階となっています。)

 

上記地図のように、JR大阪駅の「桜橋口改札」が、西梅田駅に一番近い改札となっていて最短距離のルートです。

西梅田駅の改札は、北改札を利用しています。または、一番離れている南改札からも行けます。(中改札は乗車専用改札となっています。)

Osaka Metro 西梅田駅(簡略図)

下記の図は、地下1階にある大阪メトロ西梅田駅(四つ橋線)と地下通路を簡略して表した図となっています。(*阪神電車の大阪梅田駅も表示しています。)
・改札は3か所のエリアにありますが、ご紹介するルートでは、北改札からの行き方となっています。
・中改札は、「乗車専用改札」となっています。

 

上記図のように、北改札側がJR大阪駅方面に近い改札となっています。

大阪メトロ四つ橋線の西梅田駅は、複数の地下通路と地下街に繋がっています。

JR大阪駅の構内図(簡略図)

下記の図は、JR大阪駅の1階の構内図を簡略して表した図となっています。
・今回利用するルートでは、JR大阪駅の西側(図の左側)にある改札を利用することになります。
(桜橋口改札)

西梅田駅「北改札」からJR大阪駅「桜橋口改札」までの行き方

OsakaMetro西梅田駅「北改札」からJR大阪駅「桜橋口改札」までは約4分で行けます。
*ホームからホームとなると、改札内の移動や切符購入の時間が増えるので、計画の際はご注意ください。

下記の図は、OsakaMetro西梅田駅の地下1階とJR大阪駅の1階構内を合わせて表示した地図となっています。
各駅の構内図は、上記にあります。

 

行き方

1.OsakaMetro西梅田駅の「北改札」から出ます。

・西梅田駅の改札は、南北にかけて3か所あり、北改札がJR大阪駅に近い改札となっています。一番離れている南改札からも行くことはできます。(北改札と南改札の中間付近にある中改札は乗車専用改札となっています。北改札は降車専用改札です。)

上記図のように各改札への移動は、改札横にある直線の通路で繋がっているのでわかりやすいです。

2.北改札を出ると、正面に半階層ほどの階段があるので、この階段を上がります。

・地形の関係で半階層ほどの高低差があり、どちら側も地下1階の扱いとなっています。

3.階段を上がると、左右に幅の広い通路が延びているので、対面のやや右前方に進んで行きます。

・対面の右斜め前方に、分岐する通路の入口があります。
・この広い通路を右に進んだ場合、阪神電車の改札があります。
・広い通路を左に進んだ場合、「ガーデンアベニュー」というオオサカガーデンシティのビルを地下で繋ぐ通路が延びています。

4.対面付近まで来ると、さらに奥へ(北方向)進める通路の入口があるので、ここを進んで行きます。

・床や柱にJR大阪駅方面への案内表示があるので迷わないと思います。
・階段から上がって右に行き過ぎた場合は、阪神電車の改札があり、行き過ぎとなるので少し戻ります。

5.細い通路を少し歩いていくとS字のように曲がっていますが、道なりに進んで行きます。

6.また少し歩くと、左右に延びる通路と合流するので、左に行きます。

7.左に行くとすぐ角になっていて、エスカレーターがあるので、ここから地上1階に上がります。

・角には、マクドナルドがあるので大きな目印にもなります。

8.エスカレーターを上がると、JR大阪駅の「桜橋口改札」が見えます。

 

OsakaMetro西梅田駅とJR大阪駅との乗り換えについて

こちらでは1つのルートをご紹介しましたが、地下通路は途中で複数分岐しているので幾つもの行き方があります。今回ご紹介した行き方がわかりやすく最短距離にもなっているのでおすすめです。

・このルートで迷いやすいポイントは、西梅田駅の近くにある広い通路から、分岐している通路に行くまでが、初めての方にはわかりにくいかもしれません。
上記簡略地図で大まかなイメージを掴んで頂き、地下通路の天井や柱、そして床にも案内表示があるので、この案内表示を頼りに進むとスムーズに行けると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました