梅田スカイビルの空中庭園展望台で大阪の絶景を満喫

スポット

梅田スカイビルは、2棟のビルで構成され、頂部を連結した特徴のあるビルで、大坂のランドマークにもなっています。
また、最上部は展望台となっていて、観光やデートスポットとして人気です。

梅田スカイビルの展望台から大阪の絶景を楽しむ

梅田スカイビルは高さ約173mの高層ビルで、40階の展望台と屋上のルミ・スカイ・ウォークから大阪を展望できます。(有料)

殆どの階層がオフィスフロアとなっていますが、シネマ・ホール・美術館・バス待合場所などもあります。

位置関係(地図)

JR大阪駅から少し離れた北西方向にある「新梅田シティ」エリアにあります。

JR大阪駅と新梅田シティの間には、現在(2020年)工事中の開発エリアがあり、ここを抜けていくルートが最短で便利な行き方となっています。

JR大阪駅に隣接する「ルクア・ルクアイーレの屋上」から「梅田スカイビル」を眺めることができます。右端に移っている建物は、JR大阪駅横の「グランフロント大阪」です。

*大阪駅と梅田スカイビルの間に見える広いエリアは、昔はJR貨物車庫で今は開発エリアで、現在は工事中となっています。

梅田スカイビルから展望台までの行き方

展望台までは、2棟で構成されている梅田スカイビルの「タワーイーストとタワーウエスト」のタワーイーストから入り、3階の専用エレベーターを利用するなど、少しわかりにくいかもしれませんでの、下記の行き方で事前にイメージしていると良いかもしれません。

40階・屋上が空中庭園展望台です。

タワーイーストの3階に、展望台のチケット窓口と入場口まで行くエレベーターがあります。(35階までエレベーターで、39階までエスカレーターとなっています。)
*39階にチケット・入場口があり、ここまでは無料で行けます。

行き方

1.タワーイーストビルに入ります。(JR大阪駅や阪急梅田駅側から行くと、手前のビルがイーストビルになります。)

2.3階までエスカレーターで上がります。

3.3階フロアには、展望台入場口へ行くためのエレベータがあるので、このエレベーターホールへ行きます。
(同じフロアには映画館もあります。)

4.専用エレベーターで35階まで上がります。

5.35機から39階まで長い専用シースルーエスカレーターで上がります。

6.39階フロアに展望台チケット窓口があるので、購入して40階展望台へ向かいます。
(39階フロアには、「shop SKY39」のグッズなどのお店もあります。)
*39階までは無料で来ることができます。

7.40階と屋上で大阪の眺望を楽しむことができます。

空中庭園展望台の料金
大人:約1500円

 

夜の展望台からも素敵な景色(夜景)

梅田周辺や大阪市内の街の明かりが輝いて、幻想的な景色を一望できます。

梅田スカイビルの内側の円形の吹き抜け

展望台まで上がるエスカレーターでは、
夜になると真っ暗な中に青白い照明と外の街明かりで幻想的な空間となります。

 

展望台以外でも特徴的な外観や周辺の施設も楽しめます

梅田スカイビルの特徴的な外観

梅田スカイビルは、2棟のビルで構成され、頂部で連結されていて展望台になっています。展望台の下の階まで専用エレベーターで行き、この階から展望台まで、上り下り2本の剥き出しのエレベーターが出ている特徴的な構造となっています。

夜になるの照明がガラス張りの壁に反射して幻想的な景色を見ることができます。

新梅田シティの施設

梅田スカイビルは、新梅田シティエリアにあり、他にはウェスティンホテル大阪や憩いの自然公園などがあり、都会の中のオアシス的な目的のスポットとなっています。

地下の階層には、風情溢れる昭和の街をテーマにした、「レトロ食堂街・滝見小路」のレストランフロアもあります。

 

タイトルとURLをコピーしました